このコラムでは、「理想的なマットレスの機能性」について詳しくご説明したいと思います。

●発散性

人が寝ているとどうしても湿気がたまります。

その湿気が溜まったままにしているとカビが発生してしまいます。

ですので、透湿性に優れていることが大事です。

●通気性

通気をよくすることで湿気やカビがマットレスの中にとどまることを防ぎます。

●体圧分散性

マットレスより受ける身体にかかる圧力(加重)を分散させます。

それにより、心地よい眠りを得ることができるのです。

特に骨格形状にゆがみがある方がほとんどなので、この体圧分散機能があれば、骨格のゆがみが助長されにくいです。

それにより、全身のこりや痛み、などを軽減してくれることにつながります。

●支持性

身体を適度に支えるだけの硬さがマットレスには必要です。

身体がぐっと沈んでしまうマットレスは非常に寝心地が悪いです。

●寝返りしやすい硬さ

睡眠時の寝返りは非常に大事な行動であるとされています。

寝返りによって血流をよくしたり、骨のゆがみを微調節しています。

そのため、寝返りのしやすいマットレスの硬さであることも重要です。

これに関しては個人の体質などで変わってきます。

●耐久性

毎日使用するものですので、すぐにへたってしまっては意味がありません。

同じ硬さが少しでも長く維持できる性能のものを選びたいところです。